エンジニアとは、その名の通り技師や技術者のことです。電機や機械、インターネットなどにおいての技術専門家といえます。
世間では、技術者というのはコミュ障が多いというイメージが往々にしてあるようです。しかし、専門的な知識はとても豊富で、仕事や目的を見据えた会話やプレゼンテーション能力においては、他者と比べても決して劣っているということはありません。むしろ、エンジニア同士でのコミュニケーションは非常に得意としていて、コンピューター言語やテクニカルな分野での話題においては、非技術者は会話に立ち入る隙間さえないのです。
このように、エンジニアは専門的な分野で特筆した能力があるため、知識を持たない人から見るとコミュ障だったり、取っつきにくいというイメージを持たれてしまうのだろうと推測されます。確かに、技術者の中には口下手で仕事以外のコミュニケーションを取るのが苦手だという人もいるでしょう。それは、営業職の人が技術的な分野が苦手だということと同じことで、同じ職場で働いている仲間同士がお互いに協力し助け合うことが必要です。
例えば、口頭での連絡を減らし、メールなど書面での連絡を増やすことで解決される問題も多くあります。連絡事項を書面に残すことで、後で言った言わないのトラブルを避けることにも繋がるのです。また、仕事が円滑に進んでいくというメリットもあります。
エンジニアとそれ以外の人とを区別することなく、積極的なコミュニケーションで仕事に向かい合うことで、素晴らしい結果が出せるのではないでしょうか。《コミュ障で悩んでいる方はこちら